融資はいくらまで?

総量規制というのは、金融機関からお金を借りる場合、いくらまで融資を受けられるのかという法的な目安となるものです。

具体的には、年収の三分の一と決まっています。

この金額を超える融資を個人が受けることは、一部の条件を除いては出来ません。

なので、総量規制の影響というのは、当然、金融機関からお金を借りる人のみが受けるということになります。また、その中でも、一番大きな影響を受けるのは、既に年収の三分の一程度のお金を借りている人でしょう。

なぜなら、もう新たな借り入れをするのは難しくなるからです。

お金を借りてはいるけど、その額は年収の三分の一の金額と比べると、わずかであるという場合は、現段階での総量規制の影響というのはほとんどないと言えるでしょう。

また、銀行のカードローンのみ契約している人も、総量規制の影響は受けません。

というのは、総量規制における債務額は、銀行への債務については含めないことになっているからです。また、同じく影響を受けないのは、キャッシングの出来るクレジットカードを持っているが、買い物の時にしかカードを使わず、その場合は必ず一括払いで、キャッシングは使わないという人です。

ショッピングでの一括払いに関しては、総量規制き適用されません。

なので、年収の三分の一以上の価格がするものをクレジットカードで購入することは可能です。

ただ、分割払い、リボ払いで買い物をする場合は総量規制の対象になります。