得られる効果とは

事故や災害などに巻き込まれたことによって、行方不明になってしまったという方が出てくるかと思われます。
そのまま、行方不明になった人がずっと見つからないとなると、通常ですと失踪の時から7年という期間を経過したのちに
失踪宣告ということをするのではありますが、災害があった時の失踪の場合には別の要件を満たすことによって
失踪宣告が出されることがあります・。

その要件とは、災害などの危難が去った時から1年の期間満了があった時に、
行方不明になった人について失踪者として扱われるように
家庭裁判所に対して利害関係人からの請求があった後に、
家庭裁判所の認定により失踪宣告が出されることになります。パソコン07

ここでいう「危難が去った時」とは一定の自然災害や人災が起こった時にその災害による危険制が発生しなくなったと
みなされる時期のことを指します。

また、利害関係人とは失踪者の親族などを指します。

家庭裁判所からの認定によって期間満了による失踪宣告がなされた時には、失踪者は死亡したものとみなされます。
それによって、失踪者が死亡という効果が得られるのでありますから、通常の死亡と同様に失踪者の財産について相続が開始されることとなります。