失踪宣告は行方不明の状態によって分類される

人が失踪したまま何年も生死が不明な場合、相続やその他の法律的な面で支障が出てきます。そういった場合、その行方不明になった状況別に民法では次のように家庭裁判所が失踪を宣告し、その人が死亡したものとみなすようになっています。なおどの場合も利害関係人からの請求は必要です。まず、普通失踪といって危急な状態での失踪ではない場合は7年間生死が不明な場合、死亡したものとみなされます。そして特別失踪といって、従軍・船舶の沈没など危急の事態での失踪はその危難が去った後1年間の生死不明が要件です。}PgžxQ失踪宣告の効果は普通失踪では失踪から7年経過した時点で死亡したものとみなされます。特別失踪ではたとえば船舶の沈没時に死亡したものとみなされます。この場合はその時点で死亡したものとみなされますので注意が必要です。また、もし失踪者が生きていた場合、それらの失踪宣告は取り消されます。そして善意の利益関係者は現在の利益(現存利益)をその人に返還しなくてはなりません。ただ今まで受けていた利益を返還する必要はありません。しかし利益関係者が悪意であった場合、利益関係者は今までの利益分に利子を付けて彼に返還しなくてはなりません。